「ストックフォト」ってそもそも何?

stockphoto

このサイトは、ストックフォトサイトであるFotoliaの紹介をしているサイトですが、そもそも「ストックフォト」とは何でしょうか?

「ストックフォト」の定義

まずは、みんな大好きWikipediaの「ストックフォト」からその定義を引用してみます。

ストックフォト(Stock Photo)とは、頻繁に使用されるであろうシチュエーションで予め用意された写真素材のこと。もしくは、写真を含むそのほかマルチメディア素材のこと。その中から、予算に応じて広告・出版等の制作会社が目的に合った素材を選び、使用料を支払うことで利用できる。

……はい、良い定義ですね(笑)

フォト(写真)をストック(用意しておく)という、言葉の元々の意味に基づいた定義だと思います。

なお、写真を用意しておくと言っても、やたらめったら用意しておくわけではありません。「頻繁に使用されるであろう」とあるように、将来使われる可能性の高い写真を用意しておくのがストックフォトです。

これは当たり前と思われるかもしれませんが実はかなり重要なことです。利用者にとって「使える」写真を用意しておくことで、ストックフォトサービスは価値を持ちます。

反対に、「使えない」写真をたくさん集めても、それはノイズにしかなりません(フリー素材サイトにありがちです)。

意外と使われているストックフォト

ストックフォトを使い始めると分かることに、「ストックフォトは意外とよく使われている」ということがあると思います。

企業のサイトを見ると、「あー、あそこのストックフォトを使ってるなー」ということがしょっちゅうです。また、家に届くチラシや、街の看板にもストックフォトを発見することがしばしばあります。

むしろ、自社のサービスのためにわざわざ撮影をするのは、一部の予算のある企業に限られているのではないかと思います(もちろん商品写真は除く)。

使ったことがない人にとっては、ストックフォトサービスは「なんじゃそりゃ?」というものですが、一度でも使い始めると「これがないと困る!」というサービスだと思います。

個人的には「Fotoliaありがたい!」ですので(笑)